カテゴリ
全体
ザラブ星人飛行態発売中!
八つ切り怪獣グロンケン発売中!
ブラックテリナ発売中!
宇宙超獣スチール星人発売中!
透明怪獣ネロンガ発売中~!
メフィラス星人飛行態発売中~!
ウルトラ&バルタン発売中!
制作状況あれこれ
お問い合わせは・・・
お知らせ
怪獣さいえんす
世界の民話・神話
インディアンの神話
世界の民話・神話について
食べ物あれこれ
温泉あれこれ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月


カテゴリ:怪獣さいえんす( 10 )

グロンケンの手の回転ノコはどういう理屈なのか

『帰ってきたウルトラマン』に出てくる怪獣
「グロンケン」を今作ってるのですが、
この怪獣の両手の回転鋸について
考察してみました~

この怪獣の手は丸鋸を
はさんだ形になっていて、
これが高速回転して物を
切ってしまいます

生き物として体に丸鋸が
発生するのか?というのが
疑問ですが、「怪獣だから」で
これは片付くでしょう

ではどういう仕組みなのか?

e0114219_1332460.jpg


グロンケンの手には、図のように(↑)
大変硬くて丈夫な毛が生えているのです

鞭毛みたいなもので、これ自体が
運動性を持っています

これが2か所から集中的に生えているとします

e0114219_1333566.jpg


この毛が上から見ると、
ちょうど丸鋸のように規則的に
円形のギザギザに開いて生えています

e0114219_133388.jpg


この密集した運動する毛が、
掌の両側からギューっと押し合わされて、
ついつい一方方向に回転してしまうのです

巨大な怪獣ですから一本一本太くて
ワイヤーのような毛が集まって
回転するわけですから、機能的に
まるっきり回転鋸なわけです

TVの画面ですと丸鋸に見えますが、
実物に近づいて見てみればこういう
仕組みになっているわけです
きっとそういうことです
これで解決!

同僚にグドンという両手が鞭の怪獣がいますが、
この鞭も三つ編み状に集合した一種の毛と考えたら
これも解決!


















[PR]
by perriere | 2016-11-27 01:53 | 怪獣さいえんす

セミ人間とメフィラスの円盤を考えてみる


この間のセミ人間~メフィラス星人の円盤の
デザインが理屈に合ってて面白いという話を
もうちょっと詳しく考察してみます~

e0114219_28131.jpg


↑セミ人間の円盤を下から見たところ

真ん中の円錐をギザギザが囲んでいます

e0114219_282776.jpg


電子はとんがった形状に向かって
走っていく性質がありますから、
このデザインは陰電子を拡散させるのに
ちょうどいい形になっていると思います
水素陰電子ならいくらでも大気中から
供給できますからね

e0114219_283497.jpg


セミ人間型の円盤なら、↑の図のように
下方へ(-)の陰電子を左渦巻きにして
放出すれば、ニュートリノの原理で
宙に浮くことが出来ますという話でした

e0114219_283663.jpg


今度はギザギザデザインが上下逆になったメフィラス円盤です

この場合は、(↑)のように上方へ
(-)陰電子の左渦巻きを発生させれば、
これもニュートリノ現象で上のほうへ
円盤が引っ張り上げられるわけです

上下間違えて操縦してもあまり
問題無いようですね~

e0114219_283840.jpg


『地球防衛軍』を観てたら、
ミステリアンの円盤の下面に
これもギザギザの発光表現がありました

これも同様に陰電子の渦巻きの
発生描写としか思えないです~

『宇宙大戦争』でもニュートリノ理論での
反重力現象描いてますし、先見の明が
当時のスタッフにあったんでしょうかね~









[PR]
by perriere | 2016-05-19 02:36 | 怪獣さいえんす

セミ人間の円盤とメフィラスの円盤

同僚のアトリエHAT氏が、
メフィラス星人の資料を見ながら言うには、

「セミ人間、バルタン星人、メフィラス星人と
みんな同型の円盤に乗っている。

きっとあの円盤は宇宙人界では
往年のスバル360のような
安い一般大衆車なのではないか」

なるほど~と思いましたが、
むしろ「いつかはクラウン」みたいな
高級車かもしれないですね

無理して中古車を買ったら
慣れない高級車に上下逆さまで
乗ってしまったのがセミ人間とか・・・

理屈で言うと先端のとがった方向に
電子の流れは集中しますから、下側に
とがったのがついてる構造のほうが
合理的と思いますが

(あのとがった部分から下方へ、
軽い水素の電子の奔流を
放出させて反発力を生み、
円盤を宙に浮かせるわけです)








[PR]
by perriere | 2016-04-28 12:19 | 怪獣さいえんす

「そんなこと俺が知るか!」というセリフ

仮面ライダーストロンガーの名セリフ?で、

奇械人ワニーダのスリープガスを吸ったストロンガーが
全然ガスの効果を受けてなくて、狼狽したワニーダに
「なぜあのガスが効かなかった!?」と聞かれて

「そんなこと俺が知るか~!」

って叫ぶんですが、あれ別に不思議でも無いですね

毒性のガスはプラスイオンと相場が決まってますので、
ストロンガーは改造電気人間ですから、
マイナスイオンを帯電させてると考えれば、
毒ガスのイオンは中和され解毒されてしまうからです

だからストロンガーとしては「なぜだ」と聞かれても

「そんなこと俺が知るか~!」


となるわけですね~

ヘビ女の毒にやられた時は電気エネルギーを吸いとられてから
毒を注入されたので、それができなかったということですね





















[PR]
by perriere | 2015-12-03 11:23 | 怪獣さいえんす

ネロンガはなんで透明になれる?


ネロンガは普段透明で、
電気を吸うと姿を現す怪獣です
ではどういう理屈でそんなことが出来るのか?

と思ったら、ちゃんと作品中でアキコ隊員が
「電子イオンの働き」と説明していました
これですべて説明つきますね~

e0114219_23163680.jpg


「ネロンガは電気をエネルギーとする怪獣」ですから、
電子を体内でコントロールできるはずです

まず発電所から電気を吸いとって蓄電します
それから、体内に蓄えた電子で不可視の波長、
つまり赤外線から外の波長を身体から出します

そーすると、人間の目は可視の波長(色)しか捉えられませんから、
ネロンガを見ることができないというわけです

赤外線波長は体にいいので、こーして身体をマイナス電荷
(電子が左回転してる状態)にコントロールしてれば、
不死身の状態でしょう

ですが生き物ですので、たまに充電する必要があり、
発電所を襲うのですが、その際電子が暴れます
(電磁波が出る)から、つまり波長が乱れて姿を現してしまいます

e0114219_23165619.jpg


角から電撃を出しますがこれは
波長の激しいガンマー線でしょう
青白い色がエネルギーの強さを示しています

e0114219_231774.jpg


前にも書きましたが、
ウルトラマンも電荷を操れるお人なので、
電撃を喰らっても吸収するだけで平気です

e0114219_23172192.jpg


ならばとネロンガはぴょーんと滑空します

体内の電荷をマイナスにして、
地球のコア(マイナス電荷)と反発させて
宙に浮き上がれば体重は関係ないわけです

最期に爆発するのは
スペシウム光線で体内の電子を
暴走させられたからです
これは他の怪獣が爆発するのと同じ理屈ですね~












[PR]
by perriere | 2015-04-13 23:21 | 怪獣さいえんす

ゴジラのメルトダウン

テレビの報道番組で福島原発の近況やってました
溶融(メルトダウン)した炉心を探してるんだとか
探査機を使って調査してるらしいですが、
とっくに地底に吸い込まれてますよね~

アメリカには「暴走した原発の炉心が高熱のまま地球を突き抜け、
反対側の中国まで届く穴を開けてしまう」という
「チャイナ・シンドローム」という小話がありますが、
あれ根本的に間違ってると思います

放射能を帯びた炉心はマイナス電荷の塊です
対してマントルから地核にかけて地球内部はプラス電荷の塊です
マイナス電荷が暴走状態の炉心が、マントルまで到達した時点で、
プラス電荷に包まれて炉心の暴走は止まり消滅するはずです
そんなことより地表の処理を考えるべきだと思います

ところで平成ゴジラってマグマの中を移動しますよね
平成ゴジラのエネルギーはマイナス電荷の究極みたいな
放射性物質なんですが、これも炉心と同じで
プラス電荷のマグマの中にいたら、ゴジラは
放射能を吐く能力を失ってしまうと思うんですが

「VSデストロイア」で、メルトダウンしたゴジラが
出てきますが、いつものようにマグマまで飛び降りたら
たぶんメルトダウンが止まってゴジラは助かると思います
[PR]
by perriere | 2014-09-21 02:17 | 怪獣さいえんす

ウルトラマンと仮面ライダー

地球の電荷に反発する=反重力と考えたら、
空飛ぶヒーローすべての理屈がつきます
なにもマントを着けてなくても、自分の身体を
地球に反発させたらいいのです

ウルトラマンが空を飛べるのも、
プラス電荷を操っていると考えれば簡単です
ウルトラマンの体色自体が正電荷に従った
銀と赤というのもいかにもな感じですね

でも結構派手に落っこちる描写があるので、
常時電荷を操れるわけでもなさそうです

仮面ライダーは主にジャンプ力が武器ですが、
スカイライダーは空を飛べるのが売りでした
この人はベルトに重力低減装置というのを
備えていて、これで空を飛びます
つまりこれがプラス電荷の発生装置なのでしょう

このスカイライダー、劇中で特訓を受けて
体色が明るくなりますが、理屈で言うと正電子の働きが
活発になったということで、ますます空を飛びまくれそうですが、
なぜか特訓後はあまり飛ばなくなりますね

その先輩にストロンガーという仮面ライダーがいますが、
この人も途中で超電子人間に出世します
理屈から言うとストロンガーは空を飛べるはずです
たぶん、自分でそれを知らないのだと思います
[PR]
by perriere | 2014-07-09 03:05 | 怪獣さいえんす

ゴジラとキングギドラ


キングギドラがプラス電荷の怪獣だとして、
一方の雄である怪獣王ゴジラを考えると、
何故ゴジラのライバルがキングギドラなのかよくわかります

ゴジラの武器である放射能はマイナス電荷そのものです
ゴジラの放射能熱線を浴びれば、マイナス電荷を帯びた
地表の物質は全て焼け焦げてしまいます

ところがプラス電荷はマイナス電荷を無力化してしまいます
キングギドラがプラス電荷の怪獣だとすると、
ゴジラの放射能熱線は全く効かないでしょう

「地球最大の決戦」を観てみると、ゴジラの戦法は
どつくとか蹴るとか岩を投げるとか打撃系に絞られています
ゴジラは本能的にキングギドラに放射能が利かないことを
知っていたのでしょう

そうすると地球生まれの怪獣は全てキングギドラには
分が悪いことになります 宇宙怪獣のヘドラも
マイナス電荷の塊みたいな怪獣ですから、
勝負したら負けるでしょう

基本的にプラス電荷を保つ限り、
よっぽどのこと(10大怪獣にフクロにされるとか)が無い限り、
キングギドラは不死でしょうね
[PR]
by perriere | 2014-06-25 02:13 | 怪獣さいえんす

キングギドラ考

宇宙超怪獣キングギドラが、プラス電荷を武器にする
怪獣だと仮定して、地球に来るまでの様子を考えてみます。

5千年前、キングギドラが金星にやってきて、
引力光線で徹底的に地表を焼き払う

→キングギドラは金星から離れ、
正電荷の太陽と反発して地球の方向へ流れる

→一方、火だるまになった金星はマイナス電荷となり、
現状のような酸化鉄の塊になってしまう

→ゼロ電荷の宇宙を漂う正電荷のキングギドラは
負電荷の宇宙塵を引き寄せ、やがて隕石になる
隕石の中でキングギドラはゼロ電荷になって休眠する

→地球に落下して正電荷を発動、まず磁気を発生、
空中に舞い上がり、正電荷を発散して暴れまわる

ところでキングギドラは金ピカの怪獣ですが、
正電荷の怪獣なら当然でしょう。陽電子が活発で伝導率が
良いから、当然その体表は光り輝く金色になるわけです。
[PR]
by perriere | 2014-06-14 22:01 | 怪獣さいえんす

重力は操れる?

「キャプテンウルトラ」のDVDを資料に観ていて、
次のような場面がありました

~~シルバースターの無重力室で、キャプテンたちが
無重力訓練をしている

やがてキャプテンが室外のスイッチを入れると、
無重力室の中が、通常重力に戻る~~

これがどういう原理なのか見るたびに疑問でしたが、
最近ようやく納得のいく理屈を人から教えてもらいました

人間やその他の物は、常にマイナス電荷を帯びています
ですからプラス電荷を帯びている地表に、磁石の如く
くっついています これがまあ重力というものです

ですから、無重力室内の床をゼロ電荷にしておけば無重力となり、
スイッチを入れて床をプラス電荷にすれば重力発生となる訳です

「宇宙戦艦ヤマト」とか、みんな宇宙空間で船内が1Gになってますが、
ようするに船内をプラス電荷に調整しておけばそうなるわけです
遠心力とか頼らなくてもいいんですね

「三大怪獣地球最大の決戦」では、キングギドラの入ってる
隕石が、金属を吸い寄せる場面がありますが、あれも
急激にプラス電荷を発生させているということでしょう

プラス電荷が強くなれば、当然地球と反発し合いますから、
リニアモーターカー同様、キングギドラも空中に舞い上がります
キングギドラは別に羽ばたかなくとも空に浮けるわけです
「引力光線」もプラスの電荷を帯びた光線だということでしょうね~
[PR]
by perriere | 2014-06-10 06:26 | 怪獣さいえんす