カテゴリ
全体
ザラブ星人飛行態発売中!
八つ切り怪獣グロンケン発売中!
ブラックテリナ発売中!
宇宙超獣スチール星人発売中!
透明怪獣ネロンガ発売中~!
メフィラス星人飛行態発売中~!
ウルトラ&バルタン発売中!
制作状況あれこれ
お問い合わせは・・・
お知らせ
怪獣さいえんす
世界の民話・神話
インディアンの神話
世界の民話・神話について
食べ物あれこれ
温泉あれこれ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月


カテゴリ:制作状況あれこれ( 444 )

イロコイ連合のお話 「ジョウィイスと鷲」 その二

そのとき、土手に横たわった若者の目に、すばやく飛び回り、
鋭い眼光をした一羽の白頭鷲<ドニヨンド>が映った。

哀れにも死にかけているジョウィイスを目にして、誇り高き
ドニヨンドの心臓は高鳴った。


急降下して彼を掬い上げ、ドニヨンドはインディアンの若者の
村を探しに飛び立った。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 01:43 | 制作状況あれこれ

イロコイ連合のお話 「ジョウィイスと鷲」 その一


昔々、ジョウィイスという名の若者が、森で狩をしていた。
冷たい雨の降る日だった。 そして、雨はやがて、森の
中の道を全て洗い流してしまった。

彼を導くどんな太陽も月も、黒い空にはなく、すぐに彼は
道に迷ってしまった。

彼は何日もさまよい、空腹のために気を失い、やがて
死に向かって川の土手を転げ落ちた。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 01:35 | 制作状況あれこれ

鷲のお話・・・イロコイ連合


鷲にまつわる物語、今度はイロコイ部族連合のお話を
紹介します。

イロコイ連合というのは、6つの部族が提携し合って
一つの強力な部族を構成している、ニューヨーク州
近辺を領土とする森林部族です。

ここで紹介するのは、「ジョウィイスと鷲」というお話です。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 01:26 | 制作状況あれこれ

恐竜戦車

e0114219_059550.jpg


恐竜戦車の戦車部分の小道具は、自衛隊の61式戦車が
使われたようで、転輪が6個並んでいます。

ちなみに、黄金期東宝の怪獣映画に出てた61式戦車の
ミニチュアは、なぜか転輪が一個足りない5個でした。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 01:02 | 制作状況あれこれ

恐竜戦車

e0114219_0574042.jpg


戦車部分の車輪を仮付けしてみました。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 00:58 | 制作状況あれこれ

恐竜戦車

e0114219_0553799.jpg


目玉を入れてみました。
[PR]
by perriere | 2007-01-20 00:56 | 制作状況あれこれ

チェロキーのお話 「鷲の復讐」 その四


そしてその恐ろしい詠唱は、七人のラトル奏者の最後の
一人が死ぬまで続けられるのだった。

そうして歌い終えると見知らぬ男は、暗闇の中へと
消えていった。


のちに彼らは、鷲の捕獲人から、あの男が、狩人によって
撃たれた鷲の兄弟なのだと教えられたのだった。


おわり
[PR]
by perriere | 2007-01-19 02:18 | 制作状況あれこれ

チェロキーのお話 「鷲の復讐」 その三


彼は、また違った大きな叫び声でもって、別の手柄について
詠い、話の終わりに身体を真っ直ぐに伸ばした。

二人目のラトル奏者が倒れて死んだ。

人々は恐怖に震え上がり、彼らはその場所から動くことも
出来なかった。

それでも彼は詠い続け、あらゆる歌の区切りのたんびに、
その怖ろしい叫びも続くのだった。
[PR]
by perriere | 2007-01-19 02:08 | 制作状況あれこれ

チェロキーのお話 「鷲の復讐」 その二


真夜中頃、外から大声が聞こえてきたかと思うと、奇妙な
戦士が踊りの輪に加わってきた。 

そして彼は、自分の手柄の詠唱を始めるのだった。

彼を知るものは誰もいなかったが、人達は、彼はどこか遠い
チェロキーの村からやって来たのだろうと考えた。

彼は、いかにして人を殺したかを詠い、
話の終わりにしゃがれた叫び声を上げた。

「ハイッ!」

これは一座の人々を驚かし、七人のラトル(ガラガラ)奏者の一人が死んだ。
[PR]
by perriere | 2007-01-19 01:56 | 制作状況あれこれ

チェロキーのお話 「鷲の復讐」 その一



ある晩、チェロキーの狩人が、山小屋の外で、突風のような
物音を聞いた。

外へ出てみると、、物干し棒に鷲がとまっていて、そこに掛けた
鹿の身体を引きちぎろうとしていた。

危険を顧みず、彼は鷲を撃ち、翌朝、鹿を抱えて村へ戻り、
夕べ何があったかを村の者達に話した。

これを聞いて、村の酋長は早速男達に鷲を取りに行かせ、
イーグル・ダンスの準備を始めた。

男達は鷲を取って帰り、全ての用意が整った。
そしてその晩、村の集会所で踊りが始められた。
[PR]
by perriere | 2007-01-19 01:40 | 制作状況あれこれ