カテゴリ
全体
ブラックテリナ発売中!
宇宙超獣スチール星人発売中!
透明怪獣ネロンガ発売中~!
メフィラス星人飛行態発売中~!
ウルトラ&バルタン発売中!
マットシュート発売中
制作状況あれこれ
お問い合わせは・・・
お知らせ
怪獣さいえんす
世界の民話・神話
インディアンの神話
世界の民話・神話について
食べ物あれこれ
温泉あれこれ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月


<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

六甲処女塚(おとめづか)温泉


神戸のほうへ足を伸ばしたので、
ひさしぶりに「処女塚温泉」という
温泉銭湯に寄ってきました。

場所は、阪神電車で言うと「石屋川」駅の北、
国道二号線を越えたあたりです。
すぐ南に、「処女塚」という万葉の古墳が
あります。

ここは完全かけ流しを売りに
しておりまして、お湯はそれほど熱くなく、
薄い緑色の炭酸泉です。

入っていると身体が気泡だらけになってきて、
とにかく軟らかく、優しい肌触りでは
近在一でしょう。
[PR]
by perriere | 2007-11-26 01:15 | 温泉あれこれ

秋になると葉っぱが色に染まるわけ・3 ワイアンドットの神話


鹿が走ったので、その角から熊の血が滴り落ちます。
それは下界に落ちて、木々の葉を染めました。

それはたいていは赤く、黄色や茶色に混じって、
真っ赤なのや、さらに真紅に染まったものもありました。

それからというもの、毎年秋が来ると木の葉は
これらたくさんの色に染まります。

森は、かくも柔らかくも鮮やかな美に溢れるわけです。

ワイアンドット族は、それ以来、偉大な島の木の上に、
空から熊の血が再び滴り落ちたのだと言います。

おわり
[PR]
by perriere | 2007-11-23 23:46 | インディアンの神話

秋になると葉っぱが色に染まるわけ・2 ワイアンドットの神話


これには鹿も怒りました。
彼にそんなことを問えるのは狼だけです。
熊には鹿にそんな口を利く権利はありません。

鹿は熊に言いました。

「あんたはもう長いこと獣たちの間で
いざこざを起こしてきたが、もうこれ限りにしてやろう」

鹿はこう言うと首を弓なりにし、
その長く鋭い角を示そうと、頭を反らします。

双眼はぎらぎら燃え上がって背中の毛は逆立ち、
角のすごい一突きで殺す気満々です。

熊はいっかな平気です。 彼の爪は非常に強く、
この決闘を前に傲然と突っ立っております。
その低い唸り声は雷のように轟いて、空を揺るがしました。

闘いは凄まじく、そして長く続き、
鹿は角で容赦なく熊を引き裂きます。

大議会の残りの動物達がこのものすごい音を聞きとがめ、
狼がこのひどい戦いを止めるために空に上がりました。

すべての動物は、狼に従うことになっております。
鹿が引き離されると、熊は空の道に沿って逃げました。
[PR]
by perriere | 2007-11-23 23:43 | インディアンの神話

秋になると葉っぱが色に染まるわけ・1 ワイアンドットの神話


我儘で誇り高い熊は、大議会に集まった動物達の間でも、
しょっちゅういざこざを起こしておりました。

このたび、鹿が虹の橋を渡って天界へ行ったと聞いて、
とても怒っております。

「ひとつ、鹿のやつを懲らしめてやらんといかん」

熊は、鮮やかで美しい虹の橋に沿って飛び越えていき、
空の国へとやって来て、鹿を見つけ、彼に言いました。

「この空の国はな、小さな亀の国なんだ。
なんでお前はこの土地に来たんだ? 

なんでお前は俺たちに会いに大会議に来なかったんだ?

すべてのやつらがここに住むようになるまで、
何でお前は待てなかったんだ?」
[PR]
by perriere | 2007-11-23 23:37 | インディアンの神話


このところの冷え込みがなかなかきつくて、
少し風邪を引いたようで、今日は加湿器を
買い込んできました。

秋も深まって、街の木々もすっかり紅くなっています。

ここでひとつ、ワイアンドット族の紅葉のいわれを
紹介してみましょう。

ワイアンドット族は、もともと加米国境近辺の、
オンタリオとかニューヨーク州といったところに
住んでいる森の部族で、ヒューロン族とも呼ばれます。
[PR]
by perriere | 2007-11-23 23:34 | インディアンの神話

ワンフェス動向


e0114219_0103518.jpg


どうやら冬のワンフェスに出店できる模様。
あとは申請物の許可が下りるかどうかです
[PR]
by perriere | 2007-11-22 00:13 | 制作状況あれこれ

ねこの祭

ジオラマチックで楽しいですね
今度合作でもすべえという話になりました

http://nekonokuni.jp/

e0114219_1424965.jpg
e0114219_143061.jpg
e0114219_1431891.jpg

[PR]
by perriere | 2007-11-13 01:44

ねこの祭

週末は、お知り合いの猫系作家さんに会いに、
大阪での個展を覗いてきました。

e0114219_137230.jpg
e0114219_1371625.jpg
e0114219_137331.jpg
e0114219_1374859.jpg

[PR]
by perriere | 2007-11-13 01:39