カテゴリ
全体
地底怪獣バラゴン ヘッドモデル発売中~!
魔人アリゲルゲ発売中!
ザラブ星人飛行態発売中!
八つ切り怪獣グロンケン発売中!
ブラックテリナ発売中!
宇宙超獣スチール星人発売中!
透明怪獣ネロンガ発売中~!
メフィラス星人飛行態発売中~!
お知らせ
制作状況あれこれ
お問い合わせは・・・
怪獣さいえんす
世界の民話・神話
インディアンの神話
世界の民話・神話について
食べ物あれこれ
温泉あれこれ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月


アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その六


すぐに彼は、道のそばに座った男に出くわしました。

男は亀の甲羅のラトル(ガラガラ)を持った、呪い師でした。

「あんた、ウサギが通り過ぎるのを見なかったかい?」

とキツネが聞きますと、呪い師はこう答えました。

「見たとも。 なんだか病気で弱ってるみたいだったね。」

「俺はそのウサギを食べるつもりなんだ。」

「ああ、それでやつはとても恐れているように見えたんだな。

あんたのような偉大な戦士が、誰かを捕らえようと決めたと

なりゃ、そいつが逃げきろうってのが無理な話さね。」

キツネはこれを聞いて大喜びして、こう言いました。

「そうとも、俺はオングェ・イアス。

どんなウサギも俺から逃げることは出来ないのさ。」
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 02:07 | インディアンの神話

アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その五


キツネがそれを見ようと振り返ったとき、老女は毛布を
脱ぎ捨てて、空中高く跳ね上がりました。

彼女は、キツネの頭の上を上手く跳び越えて、毛布の
下に隠しておいた棍棒で彼をぶん殴ります。

キツネが目覚めたとき、頭はずきずき痛んでおりました。

彼はシチュー鍋を探しましたが、彼が見つけたのは
空洞になった切り株でした。

彼は木製の椀を探しましたが、彼が見つけたのは
泥と汚い水が入った樹の皮の器でした。

そこいらじゅうにウサギの足跡がありました。

「つまりはやつは再び俺をだましたってわけか。」

キツネは言いました。

「次が最後だ。」

彼は跳び上がり、もう一度足跡を追い始めました。
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:56 | インディアンの神話

アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その四


「俺はそのウサギを食うつもりなんだ。」

「そうなのかい?」

老女は言いました。

「まああんたはきっとそうするんだろうね。 あのウサギは
疲れてたようだし、怯えてたからね。  きっとあんたがすぐ
後ろまで来てたのを知ってたんだよ。 でもまあ、
今はこの、あんたにあげた美味しいシチューをお上がりよ。」

キツネは食べ始め、そうしながら老女のほうを見て、
こう聞きました。

「あんたはなぜ、頭に高い羽根を載せとるのかね、婆さん?」

「この羽根かい?」と、年取った女は言いました。

「狩人の息子が私と分かるようにだよ。 後ろをごらん、
もうそこに来てるよ。」
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:46 | インディアンの神話

アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その三

遠くまで来ないうちに、彼は道端に座っている婆さんに
出くわしました。 婆さんは深鍋でシチューを煮ております。

「孫よ、お座り。 この美味しいシチューを食べておいき。」

キツネは座って、婆さんに聞きました。

「あんた、ウサギがここを通るのを見なかったかい?」

「はいな。」

熱いシチューを満たした、美しく彫られた椀を手渡しながら、
老女は答えました。

「とても痩せこけたウサギなら通るのを見たよ。
まるで骨と皮だったね。それにだいぶ老いぼれだったよ。」
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:35 | インディアンの神話

アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その二


モカシンは雪に足跡を残しながら走り出し、その間にウサギは
魔法を使って半分腐った死体に姿を変えました。

やって来たキツネは、匂いを嗅ぐこともしませんでした。

「この肉は腐っとるな。」

彼は雪の上の足跡を追い、ついにはウサギの古いモカシンに
追いつきました。

「ハー! 今回はやつは俺を出し抜いた。 だが今度は
どんなに腐って見えてもあの肉を食ってやるぞ!」

キツネが引き返すと、案の定、死骸はもうありません。
見ると小道は、繁みのほうへと続いております。
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:27 | インディアンの神話

アニシナアベ族のお話 「狐と兎」 その一


ある冬の日、ウサギは雪の中を歩くキツネに気づきましたが、
時すでに遅く、キツネはもう彼の匂いに気づいておりました。

「俺はオングェ・イアス、お前を食う者だ。 

お前は俺からは逃げられん!」

ウサギは必死に逃げに逃げましたが、振り向くとキツネは、
もう追いついてきております。 キツネはまた言います。

「俺はオングェ・イアス、『お前を食う者』。 

お前はもう逃げられん!」


ウサギは、ここが機転の働かせどころだということを
知っておりました。
彼は、履いていたモカシンを脱ぎ、こう言いました。

「俺の前を走れ!」
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:17 | インディアンの神話

キツネとウサギ

化かすといえばキツネもタヌキに並んで引けを取りませんが、
キツネが化かされるお話が、アニシナアベ族にあります。

アニシナアベ族というのは、ミネソタのオジブワ族とか
チッペワ族とかとも呼ばれる部族で、有名な活動家、
デニス・バンクスさんの出身部族でもあります。


e0114219_19332.jpg
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 01:10 | インディアンの神話

街のタヌキ

家のそばの公営住宅の敷地に、タヌキが棲んでいて、
夜に通りかかるとよく見かけます。 

場所的にはすぐ南に私鉄の高架や公害国道線が
走ってるようなところなんですが、すぐ横に小学校もあり、
そっちもまたいで何匹かいてるようです。

去年の暮れに見かけたやつは、皮膚病で毛が全部抜けて、
素っ裸になってました。 都会で暮らしていると、犬の
病気なんかもらいやすいそうです。

幸いまだ化かされてはおりませんが、馬糞を食うような
目に会ったら、また報告したいと思います。
[PR]
# by perriere | 2007-01-23 00:27 | 世界の民話・神話

恐竜戦車

e0114219_11143297.jpg


恐竜戦車の腹回りを修正して、縫いぐるみに施されている
浮き彫りのような物を追加しました。

縫いぐるみを作られた高山良策さんの手になるのは
ここまでで、下部のブロックの飾りつけは、円谷プロの
特美スタッフが行ったそうです。
[PR]
# by perriere | 2007-01-22 22:40 | 制作状況あれこれ

助っ人来る



今日はお友達が、お手伝いに来てくれました。 
e0114219_140572.jpg

[PR]
# by perriere | 2007-01-21 23:39

たこ焼き

e0114219_23353143.jpg


四軒隣のたこ焼き屋さんです。 
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 23:36 | 食べ物あれこれ

クレイジーゴン

e0114219_10425039.jpg


劇中の映像を見ていますと、激しい格闘と火薬の仕込みで、
飾りつけた部品がポロポロ脱落していってるのが分かって、
なかなかすさまじいものです。

なるたけ部品も完装した綺麗な状態での縫いぐるみを
再現しようと思って作りました。
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 10:43 | 制作状況あれこれ

クレイジーゴン

e0114219_10334167.jpg


しかしコイツ、なかなか押し出しの強い、
存在感のあるデザインですよね。
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 10:43 | 制作状況あれこれ

クレイジーゴン

e0114219_1030867.jpg


前回のワンダーフェスティバルで、クレイジーゴンという
ロボット怪獣を販売しました。 これも「ウルトラセブン」に
出てくるキャラクターです。

今度の2月末のワンダーフェスティバルにも、
すこし持っていく予定です。

型を作り直す予定なのですが、どういうふうにやるか、
今、頭をひねってるところです。
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 10:41 | 制作状況あれこれ

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 その六


炎から飛んで逃げようにも、結わえられた石のせいで、
大きなカラスは身体の表面を手ひどく焼かれ、
羽根がいくつか黒焦げになった。

まだ大きさは大きかったとは言え、彼はもう白くはなかった。

必死で飛び立って、彼は、泣き叫んだ。

「カアカア、カアカア、カアカア!

もうバッファローに警告するのは止める!

他のカラスの仲間もそうする! 

もう二度としない、約束する!

カアカア! カアカア! カアカア!」

こうしてカラスは逃げ出した。 

このときから、総てのカラスというものは黒くなったそうな。



おわり
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:49 | インディアンの神話

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 その五

生皮の紐で、彼は大きな鳥の脚を縛り、もう一方の端に
石を結わえた。これでもうどうあがこうとも、カラスは
逃げられないわけである。

そこで、人々は協議の座を囲んだ。

「この大きくて、悪いカラスをどうすべきだろうか?
こいつはわしらを再三飢えさせたじゃないか。」

腹を立てた狩人がひとり、こう応えた。

「こいつは焼いてしまうべきだ!」

誰かが止めるよりも先に彼はカラスを引ったくり、
焚き火の中に、紐も石もまとめて放り込んだ。

「思い知るがいい!」
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:38 | インディアンの神話

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 その五


毛皮を被って変装した若い狩人を除いて、いつものように
バッファローはどっと逃げ出した。 (狩人は、そのまま
草を食んでいるふりをしていたのである。)

白い大きなカラスは彼の肩にとまり、
羽根をばたつかせて言った。

「カアカア、カアカア、カアカア、兄弟、お前さんはつんぼかい?

狩人たちはもう丘のすぐ上まで来てるんだ、逃げるんだよ!」

しかし、若者は毛皮の下から手を伸ばし、
カラスの脚をむんずと掴んだ。
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:22 | インディアンの神話

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 その四

バッファローに変装した若者は、草を食っているふりを
しながら群れの中を這った。 大きくて、毛むくじゃらの
獣たちは、彼に全く注意を払わなかった。

そして、野営地から出た狩人たちが、彼の後を追って
行進していくのだった。

彼らが群れに近づいたとき、カラスは早速、いつものように
飛んできて、バッファローに警告した。


「カアカアカア! 従兄弟たちよ、カアカアカア!

狩人たちが殺しに来たぞ! 矢に注意しろ! 

カアカアカア!」
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:17 | インディアンの神話

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 その三


人々は、どうすれば良いのか決めるために、会議を開いた。

ところで、カラスたちの中に、他のものより二まわり大きい
カラスがいて、これは、彼らのリーダーなのだった。

ひとりの年取った賢い酋長が、立ち上がって提案をした。

「わしらはあの大きい白いカラスを捕らえなければならん。

そして、ひとつお仕置きをしてやらなくてはならんな。

でなければ、飢えるだけだ。」

彼は、頭と角がまだついたままの、大きなバッファローの
毛皮を取り出し、こう言って、彼はそれを若い勇士に
羽織らせた。

「甥っこよ、これでバッファローの群れに紛れ込むんじゃ。
やつらは、お前が仲間のひとりであると考えるじゃろう。

そうすれば、お前は大きい白いカラスを捕らえられる。」
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:10 | インディアンの神話

スー族のお話 「カラスは何で黒くなったのか」 そのニ

狩人がバッファローの群れに近づけば、いつも彼らは
友人たちの傍に飛んで、彼らの角の間にとまり、
彼らに警告するのである。

「カアカアカア! 従兄弟たちよ、カアカアカア! 

狩人たちがやって来る!

やつら向こうの小さな谷を通って忍び寄って来てるよ!

やつらあの丘の向こうまで上ってきてる!  注意しろ!

カアカアカア! カアカアカア!」

これを聞いて、バッファローはどっと逃げ出し、
そして、人々は飢えるのだった。
[PR]
# by perriere | 2007-01-21 01:01 | インディアンの神話