カテゴリ
全体
ウルトラマン飛行態発売中~
バルタン星人飛行態発売中~!
フリップ星人発売中~!
ブラックドーム&ヤプール老人発売中~!
地底怪獣マグラ発売中~!
地底怪獣バラゴン ヘッドモデル発売中~!
ザラブ星人飛行態発売中!
お知らせ
制作状況あれこれ
お問い合わせは・・・
怪獣さいえんす
世界の民話・神話
インディアンの神話
世界の民話・神話について
食べ物あれこれ
温泉あれこれ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月


<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

俺のボールがあんたの夕食に? ~ホワイトリバー・スー族のお話~ (後)

(続き)


「いいだろう分かった。 それにしてもいい匂いがしてるな、俺にはチンプシラ以外に肉の料理は見当たらないんだが。肉は大好物なんだけどな」

「あんたが食べるのは肉料理だよ。あんたがここで夕食に招かれたのは初めてのことだってことがわかるよ、じゃなきゃあんたは何を出されるか知ってるはずだからね、

私達はいつもお客さんに同じ物を出すんだよ。どんな人でもそれが大好きだからね」

「そいつはそんなにいいもんなのかい?」

「そりゃもう特別だよ、リラ・ワシテイ(とてもいい)、最高だよ」

コヨーテは舌なめずりしてよだれをたらし、「俺はもう待てねえ、そいつは何なんだ、教えてくれ!」

「それはね、あんたのイトカ(卵)、あんたのスス(ペニス)、あんたの卵、あんたの玉、あんたのでっかい毛深いボールだよ!

あたしたちゃいつもお客さんの夕食にお客さんのボールを出すんだよ!」

「いやそんな! これは冗談、めちゃくちゃ悪どい冗談にちがいない!」

「なにが冗談はもんかね。遅くなってきたことだしね、ほれこの皮剥ぎナイフがあんたのものを今切り取るのにちょうどいいよ、

イクトミは飯の支度が出来てなかったら発狂して私をぶつだろうからね、あたしゃあんたと浮気する代わりに料理のほうもさせてもらうよ、

やるなら今だからね、さあ腰布を下ろしておくれ、痛くも痒くもないよ、あっという間にやっちゃったげるからね」

女はナイフを握りしめてコヨーテを追いかけた。

「ちょ、ちょっと待ってくれ、そいつを澄ます前にだな、そ、外で水をちょっとばかり飲ませてくれ、す、すぐ戻るから!」

コヨーテはそう言って小屋から駆け出した。しかして彼は戻ってこなかった。全速力で彼はすっ飛んでいった。

ちょうどその時、イクトミが獲物なしの手ぶらで戻ってきた。彼はコヨーテが遁走していくの見て訪ねた。

「嬶、俺の友達は何でまたあんなに狂ったように走っていくんだね?」

「あんたの良い友人とやらはとっても欲張りだね、あいつは分け合いの精神を持ってないよ」と、彼の妻はイクトミに言った。

「もうあんな奴を二度と招待しちゃいけないよ。あれはマナーってもんを持ってない、行儀作法がなってないよ。

あいつは上等のバッファローの肝臓を二つ、ちょうど料理してるとこを見てね、あんたと分け合いたくなかったんだろうね、

両方ともひっつかんで盗んでいっちまったよ、そのお友達はね!」

それを聞いたイクトミは小屋から飛び出してがむしゃらにコヨーテを追っかけた。そして叫んだ・・・

「お~いコヨーテ! コラ(友よ)! 一個は置いてけよ! 俺のために! お前の古い友人イクトミのためによお!」

コヨーテは止まらなかった。彼はイクトミよりいっそう速く走った。走って走って、肩越しに振り返ってこう叫んだ・・・

「我がいとこよ、もしお前が俺を捕まえたら、お前は二つとも手に入れることになるぜ!」





おわり

~ローズバッド・インディアン保留地、ホワイトリバー川のレフト・ハンデッド・ブル一家の一人が語った話~
















[PR]
by perriere | 2018-05-29 02:51 | インディアンの神話

俺のボールをあんたの夕食に? ~ホワイトリバー・スー族のお話~ (前)

北とか南とか金だとか大統領だとか 会談だのなんだの むつかしい話が多いですね


ネタもないので、スー族の昔話でも紹介してみます

前にも書いたかもしれないですが、イクトミというのはスー族のトリックスターです

トリックスターというのは、ねずみ男みたいなものです




「俺のボールをあんたの夕食に?」


ろくでなしの怠け者コンビ、性悪な蜘蛛の精霊イクトミとスカンクの精霊であるコヨーテは、

嘘つきで盗人で欲張りで、いつも女を追いかけている。

これがすこぶる似た者同士なので、だまし合いをするとき以外は友人なのである。

ある日イクトミは、彼の小屋でコヨーテを夕食に招待した。イクトミは彼の奥さんに、


「嬶、ここに素晴らしくでかいバッファローの肝臓が二つある。俺とダチ公のコヨーテの分だ。

いい感じに俺らの好きな揚げ物にしといてくれよ、あと添え物にチンプシラ(野生カブ)、

締めはチョークチェリーのワジャピ(イチゴのスープ)で頼むよ。コヨーテはデザートには甘いものが好きなんだ」

「それで全部かい?」

「そうだな、ほかにはもう思いつかないな」

「あたしのために三個目の肝臓は無いのかい?」

「まあコヨーテが食べ残してたらそれを食えるよ、じゃあちょっと出かけてくるわ。たぶん太ったアヒルを仕留めてきてやれるよ。

コヨーテのやついつも腹いっぱい詰め込むからな、肝臓一つじゃ奴には足りないかもしれん。

しかし俺のこの良き友人ときたらだな・・・、おまえ、奴にローブの下に手を突っ込ませるんじゃないぞ。

奴はそういうのが大好きだからな。じゃあもう出かけるからな、全部用意しといてくれよ、奴は待たされるのが大嫌いだからな」

イクトミが出かけると彼の嬶は忙しく料理を始めた。

「あたしゃ誰がいつも腹いっぱい詰め込んでるか知ってるよ。」と彼女は考えた。

「それに誰の手がいつも女の子たちのローブを触るので忙しいのか、だれが待たされるのが大嫌いなのかもね。

そりゃあたしの役立たずの旦那だよ。」

奥さんが独り言ちていると、揚げた肝臓が素晴らしい匂いを漂わせてきた。

「ふん、欲張りでけち臭くて態度のでかい男! どうせわかってるんだよ、あいつらにはこの素晴らしい肝臓のもてなしで、

あたしのほうにはほんのちょっぴりカブが残ってるだけなんだろうさ。あいつらは哀れな女にまるで気を回さないんだからね。

おお、ホントにこの肝臓は素晴らしいね、それに良い匂い、こんなの美味しいに決まってるよ、

ちょっとくらいつまんだって気づくわけないね」

ちょっとのつまみ食いが全部平らげるまで、あっという間のことだった。

「もう一つのほうも食べちまったほうがいいね」彼女はそう言ってすぐにそうした。

「さあてどうしたものかね?」彼女は考えた。

「イクトミがこれを見たらきっとあたしをぶつんだろうね、でもそれだけの値打ちはあったよ!」

ちょうどそのとき、キラキラしたビーズで飾り、袖にフリンジをつけた盛装でコヨーテが到着した。

「私の良き友イクトミはどちらかな?」コヨーテは彼女に尋ねた。

「彼はどうしたかな? 良くないことでも?」

「ああ、お友達。私の旦那はちょっと用事で外出してますのよ、すぐ戻るからまあかけて楽にしておいでなさいな」

「用事で外出? 言うじゃないの!」

コヨーテは察してすぐさま彼女のローブに手を差し入れて、股間をまさぐりだした。

「イクトミはあんたがそういうことをするだろうって言ってたよ。そうさせないようにともね」

「ああ、イクトミと俺はそういうマブダチなんだよ、俺たちはすべてを共有するのさ」

彼は冗談を言いながら彼女の顎の下を軽くたたき、腕の下をくすぐり、すぐによろしくやり始めた。

「いい気持だよ・・・でも早いとこ終わんないとイクトミがすぐに戻ってくるよ」

「お前は奴が、俺たちがこんなに仲がいいって知ったら気にすると思うのかい?」

「もちろんだよ、早くやめたほうが身のためだよ」


[PR]
by perriere | 2018-05-29 02:49 | インディアンの神話

地底怪獣マグラ ただ今発売中~!

e0114219_13144919.jpg
一般版権キット「地底怪獣マグラ」はただ今発売中です~

定価25,000円 ゆうパック送料1,500円で
通販対応しております~

e0114219_13142639.jpg
30㎝スケールレジン製組み立てキット
TV映画ウルトラマン第8話「怪獣無法地帯」に登場
e0114219_13135663.jpg
ネロンガのヌイグルミを簡単改造した怪獣ですが
なかなかの存在感でした

e0114219_13131820.jpg
どっしりしたキットに出来上がりました
e0114219_13130989.jpg
お問い合わせは
wanbry(a)infoseek.jpまでどうぞ~

©円谷プロ











[PR]
by perriere | 2018-05-25 13:30 | 地底怪獣マグラ発売中~!

レジンキット 地底怪獣マグラ 




e0114219_12553373.jpg
新作怪獣キットのマグラ
パーツ数は12個(+目玉の透明レンズ)です
e0114219_12554701.jpg
おまけで小型LEDが付いてます
e0114219_12554974.jpg
頭の中にこれを入れて光らせると
e0114219_12555145.jpg
目玉の電飾になります
e0114219_12555614.jpg
背中にも電飾用の予備スペースがあります
e0114219_12563659.jpg
つぶらな目玉が可愛いですね
e0114219_12564042.jpg
とげに埋没した独特の顔です
e0114219_12564792.jpg
30㎝スケールで、全長は40cmほどあります

e0114219_13074575.jpg
重戦車のようないかつさがいいですね
科特隊の攻撃受けた最後のアレは失神したのか?
脚ピクピクさせてたり



e0114219_13075132.jpg
赤をバックに撮ったらなんかかっこよろしいな























[PR]
by perriere | 2018-05-25 13:00 | 地底怪獣マグラ発売中~!

5月ももう終わり~

e0114219_03204209.jpg

大型連休が終わったと思ったらいつの間にか梅雨も間近

ワンフェス夏に向けてせっせと新作の準備中の毎日です~

(とりあえずワンフェス出展は当選しました)
























[PR]
by perriere | 2018-05-22 03:23

windows10 使いにくいっ


フォントサイズ調整なにこれ~

7のほうが使いやすかったような・・・









[PR]
by perriere | 2018-05-15 01:06